新着記事
最近のコメント
CALENDAR
<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
TAGS
全国宅配クリーニング「ラローザ」
ARCHIVES
OTHERS
ADMIN
Search this site.
normal | list
面接官として
 沖縄工場は、開設前から決まっている仕事があり、それで総数の半分と考えてます。残りの半分は私が自力でお客さんを開拓しなければならない・・・

 10月は本社からの応援で乗り切り、11月に男性社員を1名採用しました。私も営業活動に力を入れられる態勢が徐々に整い、ここ2週間は何軒かの衣装室様に顔を出しています。少しずつ認知もされてきました。そこで、それと同時に新規社員の募集を行いました。

 出来れば、若い女の子を、仕事の量に合わせつつ、1名、また1名と増やそうと考えていました。沖縄在の無料求人誌に募集広告を載せたところ、最初の週だけで30件もの問い合わせがあり、2週合計で20件以上の面接をしました。それも、こちらの期待通りの若手のしっかりした女の子が多く、あまりの盛況ぶりにうれしい悲鳴です。

 結果、28歳の「才色兼備」という言葉が似合う乙女を採用。更に来月再来月と、私の営業活動に合わせてもう3名ほど採用するつもりで、そのような話をさせて頂いたところ、人数の関係上今回採用できなかった、有能と思われる3人の方に色よい返事を頂きました。今のところ、人員に関しては出来過ぎと言えるほど思惑通りになってます。沖縄工場の最終目標としては、沖縄在住のメンバー7~8人で私を頼らずに目標売上をキープすることです。

 面接には時間を掛ける方です。出来る限り入社後のギャップを避けるよう、細心の説明を心掛け、相手の気持ちを読み、熱意のほどをくみ取る。実は入社をお願いした方には、2次面接もさせて頂きました。

 「女の子と言えど、一生のうちで一度くらい、全身全霊を傾けて仕事に打ち込む時期があってもいいんじゃない?」

 そんな私の問いかけに、彼女の顔は明るく輝き、

「ハイ!ぜひお願いします。」

 自分の言葉に酔いつつ、彼女に多大な期待を寄せる私でした。

 
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
<<今年も終わりです。 | >>