新着記事
最近のコメント
CALENDAR
<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
TAGS
全国宅配クリーニング「ラローザ」
ARCHIVES
OTHERS
ADMIN
Search this site.
normal | list
濡れてしまった着物
 東日本大震災で様々な災害に遭われた方々の着物、和服類のメンテナンスを行っています。貸衣装店さんのモノはスプリンクラー被害、一般のお客様の分は、塩水だったり、泥水だったりで相当な重症のモノもたくさんあります。

 和服は酸性染料を使っているので、水に対する染色堅牢度が非常に低く、例えば、汗をかけば、裏地の白い部分に表地の色移りがするし、飲み物をこぼせば、綺麗に染め上げた柄も滲んできます。

 完璧に補正する為には、一度漂白して、新たに色を掛けたりするのが本当のやり方ですが、それは大変手間が掛かり、費用も嵩みます。
 「着ることが出来ればよい」或いは「裏地は気にしない」というのであれば、もっと簡単でそれほど費用を掛けずに、当社で補正します。勿論「いくら掛かっても良いから完璧に直して」とおっしゃるなら、それも出来ます。

 もうひとつは、濡れてから時間が経ってしまった和服はカビが生えたり、イヤな臭いがついたりと、色以外の問題も出てきます。これは普通に丸洗い、生洗いをしても消えてくれません。難しい作業ですが、当社では対応出来ます。

 たくさんの思い出が詰まった着物を捨ててしまうのは、悲しくなります。私達ケーアイの気持ちも皆さんと同じです。
 震災ゴミに纏めて出してしまう前に、一度当社にご相談下さい。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
<<余震 | 東日本大震災 >>