新着記事
最近のコメント
CALENDAR
<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
TAGS
全国宅配クリーニング「ラローザ」
ARCHIVES
OTHERS
ADMIN
Search this site.
normal | list
白キスが釣れています
白キスが釣れ始めてきています。
キス釣りは釣りがしたい初心者には非常に良いです。
よく、「じっとしていられないんだよね~」とか言う人がいますが
キス釣りは、リールをゆっくり巻いて釣ります。
じっとしていられませんw
なぜか!!と言うと、砂地には餌取り名人とも呼ばれる
フグやコチといった魚がいるため、止めて置くとそっちの外道(目的以外の魚)が
釣れやすく、また餌だけ取っていってしまいます。

キス釣りの楽しみは引きです。たとえ小さなキスであっても
こんなに引くの?という引きで引いてくれるため釣れたことがすぐ竿に伝わり
楽しさ倍増です^^
また仕掛けが3~5本針のため、一匹来たからと言ってすぐ引き上げてしまうのではなく
我慢しながらゆっくり引いて3匹まとめてとかと言うのも楽しみの一つです。
(逃げられてしまう可能性あり)
それにもまして、ゆっくりじっくり引いているときは、
本当にたま~にですがヒラメが食いつくことがあります。
外道ですが嬉しい外道です^^/

餌がゴカイまたは青虫というミミズみたいな餌になるので、
切ったりするのが女の人とかにはネックですが
釣った魚は大きければ、刺身などにも出来ますし
(新鮮なキスの刺身は甘めの醤油で食べるのがお勧め)
塩焼き・塩茹でも身がしまって非常に美味しいです。
初めての方も、ぜひキス釣り楽しんでみてください^^
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
バッテリーは突然に
CIMG1233.JPG

フォークリフトのバッテリーが上がり動かなくなりました。
溶剤50缶どうすればいいんだ。
とうろたえましたが、
4人で運べばそんなに大変でもなかったです。
排気ガスを出さずに降ろせたと考えれば、
たまにはいいかなと思いました。

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
フラノとフランネルとネル
 「フランネルのジャケットの襟を立てて、冷たい北風を遮り・・・」なんて、昔の洋物探偵小説でよく見かけますが、フランネルってとっても響きが良いので、相当高級な織物だとばっかり思っていましたが、実はフラノもネル(ネルシャツのネル)も全部同じ物でした。

 フラノのジャケットなら洋服屋時代になじみ深いし、ネルのパジャマだって、この冬中お世話になりました。

 ボウモウシ(紡毛糸)、ソモウシ(梳毛糸)を感覚で覚えろと上司に教えられた頃を思いますが、どうやら平織りや綾織りの毛織物でボウモウシで出来ている物を一般的にフランネル、ソモウシで出来ている物をフラノ、綿糸で出来ているものをネルと呼んでいるらしいですね。

 つまらない話題のようですが、あなたのジャケット、毛がふさふさしていて、特別な織り柄が無く、柔らかい感触なら「フランネルのジャケット」ですよ、英国紳士御用達の。
 
 紳士服は、特にセットアップスーツなどのジャケット類は、皆さん、シルエットや皺ばかり気にしていますが、例えカシミアでなくても、ウール製品ならウール本来の風合い、麻製品なら麻にしかないシャリ感など、肌触りも大事にして貰いたいと思います。普通のウール製でも、フランネルなんかだったら、本当に心地よい肌触りを再現してあげたいと思います。だからシリコン加工剤等の研究にも勤しんでいます。

 あまり、クタビレテしまう前に、冬物のお手入れを当社にご依頼下さい。英国製・・・大歓迎です。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
不思議な話
ブログネタがなく困ったので

随分前に読んだ本から不思議な話を1つ。

『100円が無くなる話』

ある男と女がレストランで食事を済ませ、

会計をするよう 男が女に5千円を渡した。

支払い金額は 4,500円。女は500円のおつりを受け取ったが、

そのうち200円をネコババ。男に300円だけ渡した。

はい ここで計算してみよう

男は5,000円を財布からだして支払いをして、300円のおつりを

もらったので、実際に使った金額は4,700円。

一方 女が持っているのはネコババした200円。

合計4,900円・・・。


ね、100円無くなったでしょ。




| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31